症状別!風邪を引いた子供に与えるおすすめの食事。

子供・育児

子供が風邪を引いてしまうと、自分のこと以上に心配になりますよね…。また、初めて子供が風邪を引いてしまった時には、どうしたらいいのかアタフタしてしまいます…。

「早く良くなって欲しい!」「しっかりと食事を取らせて、薬を飲ませなきゃ!」と思っていても、どのような食事を取らせたらいいものか…。

そこで、風邪を引いてしまった子供が元気になるような、食事をご紹介します!

症状別にまとめてみましたので、お子様の症状に合わせた食事をしっかりと取らせてあげて、風邪と早くバイバイしましょう!

風邪を引いた時には食事以外にも十分な水分補給が大事!

子供が風邪を引いてしまった場合、発熱や下痢の症状が多く見受けられます。

ツラそうにしている子供を目の前にすると、「代わってあげられたらいいのに…」と親としては思いますよね…。ですが、こればっかりは代わってあげたくても、代わってあげられないのが切ないところです…。

発熱や下痢の症状があると、体の中の水分が多く奪われてしまいます。

体の小さな子供は、大人よりも脱水症状になる危険性が高いので、注意しなければいけません。具合が悪い中で大変だとは思いますが、脱水症状を防ぐためにも、こまめに水分補給を行いましょう!

ですが、吐き気をもよおしていたり、度々嘔吐してしまうような風邪の症状だと、なかなか水分補給をさせるのって難しいですよね…。

そんな時は、飲む量ではなく回数勝負で、ちょこちょこ水分補給を行って脱水症状を防ぎましょう!

子供の風邪の症状に合わせた食事で元気100倍!

熱がある時の食事!

体ががんばってウイルスと闘っている時には、それが“熱”という症状で体に現れます。自ら早く良くなろうと、体も必死なんですね~!

そんな時には、ビタミンを積極的に摂取させるのがおすすめ!

ビタミンは…

  • ビタミンB群→エネルギーを作るのに重要な栄養素!
  • ビタミンC→抵抗力を高める!
  • ビタミンE→自分自身で治る力や抵抗力が高まる!

このように、体に嬉しい効果がたくさん!

特におすすめしたい食べ物が、バナナです。

バナナは、ビタミンB群が多く含まれています。また、熱が出て食欲がない時でも、皮をむくだけでパクパク手軽に食べることができるのはいいですよね~!

すぐにエネルギーになるので、ウイルスとの闘いには手軽に食べられるバナナがおすすめですよ~。

鼻水や咳が出ている時の食事!

鼻水や咳が出ている時って、食事をしていても咳込んでしまって食事をするのも一苦労…。そんなツライ状態から、早く解放してあげたい…。

そんな時には、たんぱく質とビタミンAを摂取するのがおすすめ!

たんぱく質は…

  • 体を修復してくれる!

ビタミンAは…

  • 鼻やのどの粘膜を助ける!

摂取したい栄養素ですよね~!

おすすめしたい食べ物が、豆腐入りのたまごスープ!お豆腐のたんぱく質と、たまごのビタミンAを同時に摂取できます。

また、体を芯から温めることができるので、その優しい味に心も癒されて、弱った体に染み渡ります。

下痢や吐き気、嘔吐の症状がある時の食事!

下痢や吐き気、嘔吐の症状がある場合には、まずは状態が治まるまでこまめに水分補給して脱水症状を防ぐようにしましょう!

そして、症状が治まったら胃に負担の少ない食べ物を一気にではなく、少しずつ口にするようにしましょう。

その際には、やはり消化の良い食事がおすすめ!
特におすすめなのが、おかゆです。おかゆは、消化もしやすくて水分も多く摂取できます。

たまごを溶いてたまごがゆにすることで、さらにビタミンAの栄養素がプラスされるのでおすすめですよ~。

また、うどんもおすすめです。

のどごしもいいので、小さいお子様でもつるっと食べ進めることができます。おつゆで体を温めることもできるのでおすすめですよ~。

まとめ

風邪で体が弱っている時に、食べさせてくれた食べ物って本当にありがたくて体にも心にも染み渡りますよね~。

子供が一生懸命風邪と闘っている時に、親としては「早く元気になって欲しい!」と心から思うものです。

風邪を引いてしまった子供に対して、早く風邪が良くなるような食事で、パワーと元気を与えてあげましょう!