アレルギーの原因!枕を洗濯してダニをキレイに駆除する方法

生活

枕は毎日肌に触れるものなので、常に清潔にしておきたいですよね…。

ダニは、人間のフケ垢が大好物で、暗くて温度が高くジメジメしたところを好みます。…ということは、枕はダニの天国のような場所ということですね。

ですが、もうダニの好き勝手にはさせません!

ここでは、驚きの枕に住み着いているダニの量を知ってもらい、ダニ予防と洗濯方法をお教えします。

知って驚き!枕についているダニの量はズバリ…!

ダニってよく聞くけど、目には見えないし一体どれくらいの数が潜んでいるんだろうと疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

ダニの寿命は約3か月といわれています。

短いじゃん!と思った方は要注意です!いきている間にダニは500個以上の糞を残します。枕に50匹いたとしても、単純計算すると数万個の糞が枕に残されていることに…。

これが、アレルギーなどの原因となります。

また、それにプラスしてダニの死骸も取り残されているわけですから、想像しただけで、本当におそろしいですよね。

ダニを除去するための枕の洗濯方法は?

こうしてはいられません!今日の快適な睡眠のためにも、今からさっそく枕を洗濯しましょう。

自宅にあるもので、簡単に実践できるポイントを抑えてしっかり撃退しましょう。

乾燥機の熱で一気に撃退する

ダニは、50℃の熱ではゆっくりと、60℃以上の熱を加えると、一瞬で死滅します。

自宅にある乾燥機、また自宅にない場合は、コインランドリーの乾燥機で一気にダニをやっつけましょう。

布団クリーナーなどで、こまめに吸い取る

1週間に1度のペースで、枕を布団クリーナーや掃除機で吸い取るようにしましょう。

すべてを吸い取ることは難しいですが、一箇所20秒ずつくらいしっかりかけることと、こまめに行うことによって、表面にいるダニを撃退することができます。

※上記の2つの工程をまとめてやると、(乾燥機で熱を加えてから、クリーナーなどで吸い取る)さらに!効果が期待できます。

ダニから枕を守るための予防方法は?

日ごろのお手入れが、ダニから枕を守ることができます。ダニを寄せ付けないように、しっかりと予防しましょう。

洗濯表示を確認して枕を選ぶ

ダニは、高温で洗濯すると退治することができます。これから、枕を新しく購入しようと考えている方は、洗濯機で洗えるかを確認するようにしましょう。

最近では、ダニの侵入を防ぐことができる高密度クリーンの枕も売られているので、チェックしてみてください。

天気のいい日は天日干し

ダニを撃退する効果は残念ながら、ありませんが、太陽の光に当てることによって、ダニの繁殖は抑えることができます。

こまめに行うことが大切です。

まとめ

ダニの繁殖の凄さを実感していただけたと思いますが、いかがでしたか?

特に小さなお子さんがいるご家庭では、ダニのアレルギーなど気になることが多いと思います。日ごろからの対策やきちんとした洗濯方法で、清潔な枕を保ちましょう。