部屋干しのイヤ~な臭いの原因と、臭いを防ぐ4つの対策。

生活

梅雨で雨が続くと、洗濯物を部屋干ししなくてはいけなくなって困りますね。部屋干しをするとどうしても気になるのが、部屋干し特有の臭いです。あの臭いは一体何なのでしょう。

防ぐ手立てはあるのでしょうか。
「どうにかして、部屋干し特有の臭いを消したいわ・・・」

そんなことを考えているあなたに、この記事ではイヤな臭いの原因や対策を分かりやすくお話します。これで明日からは、部屋干しのイヤな臭いとおさらばできるかもしれません。

部屋干しの嫌な臭いの原因

部屋干しの独特の嫌~な臭いの正体は、洗濯しただけでは落ちなかった皮脂などの汚れを元に繁殖している雑菌です。外で干す場合は、日光に含まれる紫外線に菌を殺す作用があるため、この雑菌が繁殖せずに、嫌な臭いも発生しません。

この嫌な臭いは生乾き臭などとも呼ばれていますが、この雑菌は、洗濯物が乾くまでの時間が長いと、その間に繁殖をします。しかも一度生乾き臭がつくと、その臭いを取るのは大変なので、臭いを発生させないようにしなくてはいけません。

この嫌な臭いを発生させないためには、

・雑菌が繁殖する元となる皮脂などの汚れを、洗濯する時にしっかりと落としきること、

・そして雑菌が繁殖する前に、洗濯物を短時間で乾かしてしまうこと。

このふたつがしっかりと出来れば、部屋干しも怖くありません。

扇風機を上手に使って部屋干しの嫌な臭いを防ごう!

ご存知でしたか?実は、扇風機は年中大活躍の使えるアイテムなのです。洗濯物を室内干しするときに、重要なことは風を当てることです。風を当てることで乾きが早くなります。

空気を循環させる働きもあります。扇風機を使うときは、必ず首振りで使ってください。そして、洗濯物を干すときには、間隔を空けて干し、風の通り道を作ってあげるようにしてあげましょう。

私のおすすめの使い方は、除湿機と扇風機のダブル使いです。扇風機はあくまで補助的な役割として、使うことをおすすめします。私は、自分の仕事と子供の部活の都合で、毎日夜に洗濯をして部屋干しをしています。

基本的には除湿機を使って洗濯物を乾かしているのですが、除湿機だけのときと扇風機を併用して使ったときとでは、乾き方が全然違います。ですから、今では扇風機が手放せなくなってしまいました。

洗濯物の量が多い日や乾きが悪そうな日は、扇風機が大活躍です。冬の間は毎日使っています。乾きにくそうなものには、よく風が当たるようにしてくださいね。

ほかにも出来る!部屋干しの嫌な臭い対策

部屋干し用の洗剤を使う

最近は、部屋干し用の洗剤も沢山販売されています。「部屋干し用」や「除菌」や「抗菌」と書かれているものを選びましょう。洗剤と一緒に酸素系漂白剤や柔軟剤を入れれば、効果があがります。

風呂の水は、洗濯する時にすすぎでは使用しない

節水・節約のために、風呂の水を洗濯に使いたいところですが、使うのは「洗い」までにしておきましょう。風呂の水の中にも雑菌はたくさんいます。きれいな水ですすぐことで、予防しましょう。

洗濯するときに重曹を入れる

重曹は、皮脂汚れなどをきれいにしてくれて、消臭面でも効果を発揮してくれます。通常の洗濯時に重曹を加えるだけで、洗濯槽内部の洗浄もしてくれます。重曹は、主婦の強い味方です。家中の掃除に使えるので、常備しておくことをおすすめします。

洗濯機を定期的に掃除する

洗濯機はドラムの奥まで掃除ができないので、カビや雑菌の温床になっています。定期的に洗濯機クリーナーで、洗濯槽自体を掃除して、カビや雑菌の繁殖を予防してください。また、洗濯機のふたはしめっぱなしにせずに、使用後などに、しばらくふたを開けて、風を通すようにしましょう。

まとめ

かぜの通り道を考えて扇風機を上手に使えば、生乾き臭から解放されそうですね。干し方にも気をつけてみましょう。洗濯機をまわすときに少し気にすることで、予防できることもたくさんありそうなので、自分に出来ることから始めてみるのもいいですね。