クリスマスツリーをさらに素敵に見せるおしゃれな飾り方のコツ!

行事・イベント

クリスマスシーズン到来!
街中にクリスマスツリーが飾られはじめるとなんだかわくわくしますよね。外で見るクリスマスツリーはどうしてあんなにおしゃれにみえるのでしょう。

あなたはクリスマスツリーを飾るとき、どのような飾りつけをしていますか?

「わたしも、おしゃれに飾りたいわ!」
と思っているあなたに!おしゃれなクリスマスツリーにするためのコツをご紹介します。
ぜひご参考になさってくださいね。

個性とセンスが光る!クリスマスツリーのおしゃれな飾り方のコツ

クリスマスツリーを飾りつける前に、まずどんなクリスマスツリーにしたいのか明確にします。どんな木にするのか、色は?どんなオーナメントをどのようにつけるのか考えます。

木はなにを選ぶ?

まず選ばなければいけないのが、土台になる木ですよね。木にもいろいろあります。

人工樹木でできたイミテーションツリーは、バランスの良い飾りつけができ、クリスマスが終わると片付けることができます。デメリットは、オーナメントがたくさんないと、寂しい感じのクリスマスツリーになります。

一方、生木ですが、存在感があり、飾りが少なくても十分楽しめますよ。デメリットは、手入れをしないといけないこと、室内で葉を落としてしまうことです。そして、クリスマスが終わっても片付けられないことです。

飾り方の手順

次の手順で飾っていくだけで、見栄えのいいクリスマスツリーになります。

  1. LEDライトを巻く
  2. 大きなオーナメントを付ける
  3. ガーランドを巻く
  4. 小さなオーナメントを付ける

LEDライト

LEDライトは電球切れがないか、チェックしておきましょう。

巻く時は、ツリーの上から下にらせん状に巻いていきます。巻く時のポイントは、LEDライトの先端を外側に向けることで、光が、より大きくてきれいに見えますよ。

広角型のLEDライトを使用すると、輝きが増すので、より煌(きら)びやかなクリスマスツリーに仕上がります。

大きなオーナメント

大きくて目立つオーナメントからつけていきます。種類ごとに分けて、1種類ずつつけていくと、均等に偏りなく飾り付けることができますよ。

ポイントは、LEDライトのスイッチをオンにした状態で飾り付けることです。そうすることで、光の反射具合などがわかり、より美しく飾りつけることができます。

ガーランド

ガーランドとは、チェーンやモールのような飾りのことです。大きなオーナメントの隙間を埋めるように飾りつけていきましょう。

小さなオーナメント

大きなオーナメントとガーランドの隙間を埋めるように飾りつけていきます。

飾りつけの例

赤色のオーナメントを中心に飾りつけしたツリー、大きなリボンが可愛いですよね。

ブルーのオーナメントを中心に、白やピンクも使っています。

ピンクのお花のオーナメントが印象的な、可愛いツリー。

白い木に、シルバーと金色のオーナメントを飾ったツリー。

おしゃれなクリスマスツリーにかかせないオーナメントを厳選紹介

迷ってしまうくらい、たくさんの種類のオーナメントがありますよね。
ここでは、定番のものから変わり種まで、厳選して5つご紹介します。

ボール

クリスマスツリーに欠かせないのはボールですよね。

ウッドハウス

光る、ウッドハウス型のオーナメント。

プレート

「Merry Christmas」と書かれたプレート。中心にひとつ飾るもよし、いくつか散らして飾るもよし!

リボン

松ぼっくりに淡いピンクのリボンがついた、ちょっとめずらしいオーナメント。

ガーランド

シルバーのチェーンに、ピンクのボールがついた可愛いガーランド。

まとめ

いかがでしたか。
土台になる木から、オーナメントまで数え切れないくらいの種類があります。お部屋に飾ったときの雰囲気をイメージして、飾っていくことがすてきなクリスマスツリーを飾るコツです。

友人と、恋人と、家族と、すてきなクリスマスをお過ごしくださいね。