恵方巻きっていつ食べるの?節分の由来もやさしく解説。

行事・イベント

節分の日に豆まきをして、恵方に向かい無言巻きずしをほおばる。関西出身の私にとって、当たり前の節分の風景です。実は、この習慣が関西独特のものであると知ったのはごく最近のことなんです。

当時も、恵方巻きとは言わず、我が家では単に太巻きって呼んでました。この習慣については、関西でもいろいろあるみたいです。

コンビニエンスストアが大々的に売り出したことによって、ここ数年全国的にも有名になりましたよね。

この記事では、
2019年の恵方は?そもそも節分に恵方巻を食べるのはなぜなのか?
という疑問についてお答えします。

どうして節分に恵方巻きを食べるのか?

これについては大阪の商人が商売繁盛や無病息災を願い、2月3日に太巻きを食べるようになったとか、大阪の花街で縁起かつぎとして恵方を向いて巻きずしを食べたとか諸説あります。

でも、関西で始まった風習というのが有力なようです。

昭和7年に寿司の組合が発行したチラシが古い記録で残っているんですが、それにも太巻きにかぶりつこうとする女性のイラストが描かれていて、「恵方を向いて巻きずしをまるかぶりすると、幸福を訪れる」というようなことが書かれていたようです。今の風習と同じですね。

では、なぜ無言でかぶりつくのかというと、「しゃべると運が逃げていく」から。
巻きずしを1本まるまる食べるのは、縁起物を切り分けるとはなにごとか、っていうことなんですねー。

小さなお子さんは食べきるのが大変でしょうから、食べきれる分だけ切り分けてまるかぶりすればいいという説もありますし、細巻きを用意してもいいかと思いますよ。

 

この風習に目をつけて、コンビニエンスストアが販売したのがきっかけで全国に知られる行事となったわけですが、その際に「恵方巻き」という名前で売られるようになったんですって。

どうりで、大阪で育ったのに、幼少期に恵方巻きという言葉を聞かなかったわけだなあと思いました。

昔はシンプルにお新香をまいただけのものだった恵方巻きも縁起かつぎをされるようになってから具材も変わってきました。

地域や家庭によって違ってはいますが、7種類の具材を入れるという基本ルールがあるんです。この7種類というのは七福神に由来しています。

恵方巻きはいつ食べるの?2019年の節分と恵方巻きの方角

恵方というのは、歳徳神(としとくじん)という神様がいらっしゃる方角です。この神様はその年の福徳を司っている神様。その方角は毎年変わるんですって。

普段、節分の時にしか気にかけない恵方ですが、昔はその方向にある神社にお参りしたり、初めてのことを行うときはその方向を向いてするなど、恵方が生活に結びついていたんですね。

恵方の決め方って?

この恵方の決め方は中国の方位からきているんですよ。

そもそも恵方には甲(きのえ)、庚(かのえ)、丙(ひのえ)、壬(みずのえ) の4つの方角しかありません。

中国のものなのでズレがあるでしょうか、現在の方角に当てはめると、甲は東北東、 庚は西南西、丙は南南東、壬は北北西です。5年を1周期としてぐるぐる回っているわけです。

4つしかないのに5年?と思ったあなた。南南東のみ2回あてられているんです。
で、この4つのうちにどれに決まるの?って話ですが、それはその年の十干によって決まるのです。

出典:ウィキペディア

十干って何?

これ「じゅっかん」と読みます。

十干とは、「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸」 の10の要素のことです。
順に「きのえ、きのと、ひのえ、ひのと、つちのえ、つちのと、かのえ、かのと、みずのえ、みずのと」と読みます。

カレンダーに書かれているのを見たことある方もいると思います。

これは10年で一回りなので、西暦の下一桁に対応してくるんですね。この十干の10の要素それぞれが4つの恵方に割り当てられています。

だからその年が十干のどれにあたるかによって恵方が決まってくるのです。

2019年の恵方は?

さて、それでは気になる2019年の恵方ですが、2019年は十干でいえば、 己の年です。
己の年は甲の方位にあたるので、「東北東」になるんです。

日付は言わずとしれた節分ですから、2月3日(日)。2019年は日曜日ですね。家族そろって、東北東を向かって無言で太巻きをほおばり一年の幸運を願いましょう。

まとめ

いかがでしたか?

恵方巻の由来、諸説ありましたが、関西発祥であるのは間違いなさそうですね。

商売人の街である大阪っぽい由来だなと私は思いました。
節分の日は、みんなで東北東に向かって恵方巻きを食べましょうね。