コンロと換気扇の毎日の簡単な掃除方法!重曹とセスキで油汚れもスッキリ。

生活

ちょっと掃除をしないだけで、汚れってどんどん溜まってしまいますよね。それがコンロや換気扇だと、油汚れなのでもっと深刻です。ギトギト油ってちょっとこすっただけでは、なかなか落ちないんですよね。

私も以前は、換気扇は年末に掃除するだけでしたが、本当に大変でした。こびりついた油って全然取れなくて、どうやったら落ちるんだと悪戦苦闘しました。

でも毎日掃除すれば、そんなに大変なことにはならないんです!今回は毎日の掃除のコツをお教えします。

コンロと換気扇は毎日お手入れすればグッと楽に! 何をどう掃除する?

コンロや換気扇は日々の油汚れなどが蓄積して、とっても汚くなっています。一度ついた汚れは放置すればするほどがんこ汚れになり、簡単には落ちなくなります。

それではそうなる前に、どんなお手入れをすればいいのでしょうか。
それぞれ見ていきましょう。

コンロの場合

コンロ掃除でするべき箇所はどこでしょうか。意外と掃除しなければいけないところってたくさんあるんです。

五徳

ガスコンロの上の、鍋やフライパンをおく台の部分のこと。
コンロから五徳を外して、台所用洗剤で洗います。毎日五徳を外して洗っていれば、これだけの作業で簡単にきれいになります。

天板

火が出るコンロの下の部分のこと。
天板は作られている素材よって、掃除方法が異なります。ご自宅の天板を確認してから、掃除をスタートさせましょう!

ホーロー天板

クリームクレンザーをつけたスポンジを使って洗います。

ホーローはコーティングされた素材なので、はがれないように気を付けて洗いましょう。コーティングがはがれると錆びの原因になります。

ガラストップ天板

中性洗剤をつけたスポンを使って洗いましょう。しつこい油汚れにはサランラップにクリームクレンザーをつけて、拭いてみてください。簡単に落ちるはずです。

フッ素コート天板

中性洗剤を汚れている部分につけて、やわらかい布巾などでふき取りましょう。

バーナー

火が出る穴のこと。
取り外せるものは外して、重曹水につけておきましょう。そのあとにスポンジや歯ブラシなどでこすり洗いをすると、きれいになります。

バーナー本体の穴は、つまようじなどで定期的に掃除するのもお忘れなく。

排気口、排気カバー

コンロの奥の壁側にある、コンロやグリルの熱や煙を逃がす穴のことを排気口。そこにかぶせてある金属の蓋が排気カバー。
カバーを外して、中性洗剤とスポンジで洗います。

換気扇の場合

料理をしたときに油が舞い上がって付着し、換気扇ってすぐにベトベトになりがちですよね。使ったら水ぶきをするだけでも、十分にきれいになるでしょう。

コンロや換気扇のしつこい油汚れはどうする? おすすめ掃除方法2選

上記の方法を毎日行っていれば、簡単にきれいになるはずです。でももしきれいにならなかったら?

そんな時のお掃除方法を2つご紹介します。

1. 重曹を使ってお掃除

掃除をする時の必須アイテムといっても過言ではない重曹。コンロや換気扇の場合も、重曹は大活躍します。酸化してこびりついてしまった油汚れを落とせる代物です。

重曹は直接きれいにしたい部分に振りかけて使うパターンと、水に溶かして使うパターンがあります。

取り外せる部分は、ビニール袋などに重曹を溶かした水を準備し、そこに部品を入れてつけ置きしましょう。汚れがひどい場合は一晩おいておくのもいいですよ。そのあとに中性洗剤を付けたスポンジなどでこすり洗いをすれば、きれいに汚れが落ちるはずです。

取り外せない部分には直接重曹を振りかけて2~3時間ほど放置しましょう。そうすると汚れが浮き上がってくるはずです。そのあとに歯ブラシや布でこすり洗い、最後にお湯で洗い流せば終了です!

歯ブラシや布は、必ず乾いたものを使用するのがポイントです!事前にぬれていると油汚れが落ちづらくなるので注意してくださいね。

2. セスキ炭酸ソーダを使ってお掃除

重曹と同じようなものですが、セスキ炭酸ソーダのほうが油汚れに強いといわれています。セスキ炭酸ソーダは、熱いお湯で使用したほうが効果が発揮される性質があります。

使用方法は上記の重曹と同じです。ただアルカリ性が強いので、触るときはゴム手袋をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか?掃除には重曹とセスキ炭酸ソーダが有効であることがわかりましたね。

コンロも換気扇も使ったら拭く!これを繰り返すだけでも、随分掃除の手間が減るはずです。ちょっとしつこい油汚れが付いたときは、重曹などを使えばきれいになるでしょう。

毎日のお手入れで、きれいなキッチンになりますように!