エアコン洗浄スプレーは故障の原因になるってホント?気になる実態は?

生活

『そろそろエアコンつけようかな?』と思い始める季節になってきましたね。

この時期気になり始めるのがエアコンのニオイや汚れ。フィルターは軽くお掃除していても内部まではなかなか頻繁にはお掃除できませんよね?

プロでなくても簡単に使用できるエアコン洗浄スプレーですが、故障の原因になるという声もチラホラ…。
『故障するくらいならやめておこうかな』
『使いたいけど不安だな〜』
と思っているあなた!

ちゃんと注意して使えば大丈夫です。スプレーを使用した我が家のエアコンは今でもちゃんとお仕事をしてくれていますよ。

なぜスプレーを使うと故障するといわれているのか、故障させることなく安全に使うためにはどうしたらいいのか、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

エアコン洗浄スプレーが故障の原因になる理由

電装部分を濡らしてしまう

エアコン電装部分とは、内部にあるセンサー、電子基板、モーター部分のこと。

ここは心臓ともいえる重要な場所なので、ここが濡れてしまうと故障の原因になるのです。使用前に電装部分がどこにあるのかチェックして洗浄液がかからないようにしましょう。

ドレンホースの詰まり

実際洗浄スプレーを使ったことがあるのですが、なかなか強めな勢いで噴射されます(某虫を退治する時のスプレー並)。

その勢いがあるからこそお掃除できるのですが、表面にホコリなどのゴミが溜まったまま使用してしまうと、スプレーの勢いや洗浄成分で落ちた汚れがドレンホース(エアコンの排水を外へ流す管)に詰まってしまいうまく排水されず、水漏れや故障の原因になってしまうことがあります。

洗剤が残ってしまっている

基本的に洗浄スプレーはフィン(熱交換器)に噴射して使います。ただフィンに洗剤が残ったままだと次第に錆びていくこともあり、それが原因で故障することも。

プロのように高圧洗浄機を使用することはできないので、洗剤残りを気にせず使える成分のスプレーを使用すると安心ですね。

洗浄液の成分

大体の洗浄スプレーの主な成分は界面活性剤。これがきちんと洗い流せていないと付着したまま固まり、エアコンの性能に問題が生じてしまう可能性があります。

この成分がフィンに良くないともいわれますが、実際汚れを浮かせる働きをしてくれますし、故障の原因が必ずしも界面活性剤とは限りません。

もしも心配であれば天然成分が使用されているスプレーを使えばこの問題はクリアできます。

エアコン洗浄スプレーの正しい使い方

電装部にはスプレーしない

エアコン内部の基盤に洗浄液がついたまま放置して稼働させると故障の原因となったり、ごくまれに火災が発生することもあります。

滅多にない事ですが、もしもの事が起きないようにここだけは丁寧かつ慎重に!

フィンの汚れを取る

フィンの表面が明らかに汚れたままスプレーを使うと、ホコリ等が奥に入り込んでしまい詰まりの原因になるので、まずは掃除機で吸い取るか、濡らして固く絞った雑巾で拭き取ってから噴射しましょう。

この一手間がスプレーの効果にも大きく影響しますよ。

環境に配慮した商品を選ぶ

何でここで環境保護が関係あるの?と思いますが、界面活性剤やリン酸などの成分を使用していない天然成分のスプレーを使用することで故障や洗浄成分が内部に付着したまま飛散するリスクを減らす事ができます。

特に小さいお子さんがいる場合はエアコンから出てくる空気は気になるもの。少しお値段は高くなってしまいますが、毎日使うものではないので成分で選ぶのもありです。

説明外のことをしない

当然ですが、プロではないのでわからない機械部分はいじらない、解体しない、商品に記載されていないスプレー以外の物を使用しないなど、説明書きにない行動を取らないようにしましょう。

ちなみに私は、解体はできても元通りに直す自信はまったくないので怖くてできません。元に戻せる人ってすごいですよね。

まとめ

誰でも簡単に使える洗浄スプレーですが、使い方を誤ってうっかり故障させてしまうと何倍もの金額と手間が掛かってしまいます。

必ずしもスプレー自体が悪いわけではないので、使用する時はきちんと説明を読み、理解した上で慎重に行ってくださいね。

私も使ったその日にホコリ臭さがなくなって快適でした。
安全に使って気持ちよくエアコンを活用しましょう。