リモコンの汚れはどうやって掃除する?簡単テクニック一覧

生活

毎日使うリモコン気づいたら汚れていませんか?
普段あまり気にしないけどよく見たら汚れている・・・と思ったあなた!毎日使うからこそ清潔にしておきたいですよね。

この記事ではそんなあなたのために、リモコンの簡単掃除テクニックをご紹介します。

リモコンのボタンの掃除方法。溝に溜まった汚れは綿棒で楽々

綿棒を使った掃除のやり方

リモコンの電池を抜きます。電池を抜いておくことで故障することなく掃除することができるのであらかじめ抜いておいてくださいね。

用意する物はお水またはエタノール、綿棒、キッチンペーパーです。エタノールを使うことで除菌もすることができるので小さいお子さんがいるご家庭にはオススメです。

綿棒をお水またはエタノールを含ませしっかりと絞ります。

ボタンや溝に溜まった汚れを水またはエタノールを含ませた綿棒で丁寧に掃除していきます。あまり強くしすぎると故障の原因になりますので優しく丁寧にしてあげてくださいいね。

掃除し終わったらキッチンペーパーで最後に全体を拭きあげて完了です。

綿棒を使用することでボタンの溝に溜まった汚れを取り除くことができ、掃除しにくい箇所も綺麗にすることができます。

普段掃除しないリモコンを掃除してみると意外と汚かったりします。知らないうちに汚れが溜まっていってしますので定期的に掃除をすることでリモコンを清潔に保つこともできるのでオススメです。

リモコンの全体が薄汚れている時は?何で掃除すれば綺麗になる?

「リモコンががっつり汚れているわけではないけどなんか汚いな・・・」という時にオススメなのはメラミンスポンジです。

水を少し含ませたメラミンスポンジでリモコンの汚れを掃除していきます。メラミンスポンジなら軽いタッチだけですぐに汚れが落ちてくれるのでオススメです。

実際にメラミンスポンジを使って掃除してみた感想

私も普段リモコンの掃除はしないのですがメラミンスポンジを使って軽く掃除してみました。

リモコンの汚れを見てみると指紋や知らないうちについていた汚れがあります。普段リモコンが汚れてるかなんて見ることがないので気づきませんでした。メラミンスポンジを使って掃除をしてみると、指紋や目立った汚れは綺麗に落とすことができました。

ですが、ボタンの隙間や溝などはメラミンスポンジでは掃除することができなかったので、先ほどご紹介した綿棒での掃除を私もしてみようと思います。

メラミンスポンジを使って掃除をする時は、角を使って掃除をすると狭い隙間などもしっかりと掃除ができます。メラミンスポンジを使って掃除のかかった時間は5分くらいでした。これなら汚いなと思ったらすぐに掃除できそうです。

また、リモコンの掃除をした後のメラミンスポンジはまだ他の掃除にも使えそうだったので、他の掃除にも使いました。ほかの掃除でも使用後のメラミンスポンジで十分掃除ができたので、無駄なく使うこともできそうです。

100均でも大きいメラミンスポンジが売っているので、小さくカットしてリモコンの掃除に使ってみてもいいと思います。ぜひ試してみてくださいね。

また、他にオススメなのは除菌シートです。
除菌シートで軽く拭くことで除菌もでき汚れも落とすことができます。その後乾いた布で拭きあげれば完了です。

 

薄汚れの時は軽い掃除だけで汚れが落ちてくれるので、寝る前やテレビを見ながらなど短時間すませることができます。

ぜひ習慣にしてリモコンを綺麗に保ってくださいね。

まとめ

リモコンの掃除を習慣化すればいつも綺麗なリモコンを保つことができます。

リモコンの掃除はほかの掃除と違って短時間でササっとすませることができるので、ぜひ習慣化してリモコンをいつも綺麗に保ってくださいね。