スノボ初心者が準備すべき物とは?持ち物とレンタル品一覧

おでかけ

最近、ますます寒くなってきましたね!
寒いので、あったかいところでぬくぬくするのも良いんですが、今年は少しアクティブに!スノーボードに挑戦するのはいかがですか?

スノボは、日帰りでもできるし、道具もレンタルできるので、やったことがない方でも気軽にできておすすめなんですよ☆お友達に「スノボしようよ~!」なんて誘われている方、多いんじゃないですか?

スノボ初心者のあなたでも大丈夫!

この記事では、スノボ初心者が準備すべき持ち物や、レンタルできる道具を一覧で、分かりやすくご紹介します☆ぜひ、参考にしてくださいね!

準備は完璧に!スノボに必要な持ち物リストはこれだ!

それでは早速、スノボに必要な物をご紹介します☆
また、あると便利な物もご紹介しておりますので、そちらも合わせて見てくださいね!

必要な物

スノーボード

ボードは必須ですね!
こちらはレンタルできますので、持ってなくても大丈夫ですよ~。

スノボウェア

スノボウェアもレンタルすることができます。
ただし、レンタルの物だとデザインが限られますので、オシャレにこだわりがある方は、お気に入りのウェアを探して、事前に購入しておくのも良いですね。

また、今後も何回かスノボに行くのであれば、レンタルよりも買った方がお得ですので、検討してみてください。

インナーウェア

シャツとタイツ、スパッツなど、上下揃えて用意するのがおすすめです。

ベルト

スノボウェアが大きかったりした時のために持っておきましょう。

帽子

ゲレンデの上はとても寒いので、冷えて耳が痛くなってしまいます。耳を覆うことができるニット帽を用意しましょう!

ネックウォーマー

防寒の他にも日焼け対策として使えます。首元があったかいだけで、体感温度は違いますよ☆

グローブ

防水加工のしてあるものだと、転んだりしてゲレンデに手をついた時に、雪に触れても染みて冷たくなりにくいのでおすすめです。

靴下

初心者の方は特にクッション性のある厚手のものがおすすめ!また、濡れると気持ち悪いので、変えられるように何足か持って行くようにしましょう。

ブーツ

ブーツもレンタル可能です。
ただし、利用客が多い時などは、自分に合うサイズがなくなっている可能性もありますので、注意しましょう。

ゴーグル

雪や紫外線から目を守るためにも必ず準備しましょう。

レンタルしているところ、していないところとありますので、お持ちでない方は、事前にスキー場に確認しておくと安心です!

身分証明書

身分証明書は、スノボの道具をレンタルする時に必要です。

あると便利な物

リフト券のケース

今では、スノボウェアについていることが多いですが、万が一ついていなかった時のために、持っておくと安心です。

ヒッププロテクター

転んで尻もちをついてしまった時に、ヒッププロテクターをつけていると、衝撃を抑えてくれます。なので、初心者さんには特におすすめ☆

ポケットティッシュ

ゲレンデは寒いので、鼻水が垂れてきちゃうことも…。垂れてきた時に、すぐに拭けるようにポケットに入れておきましょう!

日焼け止め

ゲレンデでは、雪の照り返しによって日焼けをしてしまいます。紫外線対策を忘れずに!

リップクリーム

ゲレンデの上は乾燥しているので、リップクリームがあると安心です。UVケアに対応しているものがおすすめ!

ハンドクリーム

リップクリームと同様、乾燥対策のために持っていると安心です。

スマホケース

転んでしまった時に、スマホが割れたり、壊れたりしないためにも、耐久性に優れたスマホケースを付けましょう。

まずはレンタルしてみる?スキー場でレンタルできるもの一覧

スノボの道具は、スキー場でレンタルすることもできます。レンタルの際には、身分証明書が必要なので、忘れずに持参するようにしましょう!

レンタルできる物

  • スノーボード
  • スノボウェア
  • ブーツ

これらはスキー場でレンタルできます。

ただし、利用客が多く、混雑している時は、自分の好みのものが選べなかったり、自分に合うサイズがなくなっていたりすることがありますので、気を付けてくださいね。

心配な方は、早めにスキー場に着いて、レンタルの手続きをしましょう!

レンタルできる場所もあり

  • 帽子
  • グローブ
  • ゴーグル

スキー場によっては、帽子、グローブ、ゴーグルなどもレンタルできる場所があります。事前に、スキー場のホームページを確認するか、問い合わせて確認しておくと安心です。

まとめ

これでスノボ準備はバッチリ☆当日はぜひ楽しんできてくださいね~!!