早寝早起きが苦手なあなたへ!すっきり目覚める方法を紹介

生活

毎日早起きするのってとってもツライですよね。寝つきが悪いと、目覚めも悪くなって、どんどん悪循環になっていくんですよね~。

すっきり目覚めて、気持ちよく仕事に向かいたいと思いませんか?仕事だからしょうがないと分かっていても、目覚めが悪いと、朝からテンションも下がります。

この記事では、そんなあなたのために、早寝早起きの習慣を身につける方法をご紹介します。
ぜひ参考になさってくださいね。

毎日のサイクルが大事!早寝早起きを助ける習慣を実践しよう

毎日規則正しく生活することで、早寝早起きも習慣化していきます。一見、「こんなことが関係あるの?」と思いがちなことが、早寝早起きを助けることもあります。

毎日続けることで改善されていくので、あなたがやれそうな方法に挑戦してみましょう。そして、できる習慣を少しづつ増やしていきましょう!

朝に太陽の光を浴びよう!

最近は、光を浴びたくないと、遮光カーテンをしめて寝ている人もいますが、朝に光を浴びることって、とっても大事なことなんです。

できれば、レースだけの状態で寝て、朝の光を浴びながら、自然に目覚めるようにしたいですね。

活動に必要な交感神経も、朝日を浴びることで活発になり、気持ちよく目覚めることができるようになります。また、体内時計のリズムも整えてくれるので、できるだけ朝日を浴びるようにしましょう。

朝食は抜かないで!

体を目覚めさせる為に、朝ごはんをしっかり食べることも大切です。朝ごはんを食べて、胃腸が活動することで、体も目覚めていきます。

寝具にこだわろう!

目覚めを良くするためには、上質な睡眠が必要になってきます。自分にあった寝具を選ぶことで、熟睡することができ、朝も気持ちよく目覚めることができます。

また寝る部屋も、布団に入る少し前に、自分が快適な温度に設定しておいて、スムーズに眠りにつける環境にしておくと良いですね。

リラックスする環境を作ろう!

夜は、スムーズに睡眠に入れるような環境を作りましょう。

テレビやスマホは控えめに。布団に入る寸前までスマホなど見ていると、布団に入ってからも脳が休まりません。ついつい、スマホを触ってしまうところですが、ここは我慢ですね。

お風呂はぬるめの温度でゆっくりと漬かり、体をリラックスさせましょう。

早寝できる環境を整えれば、自然に早起きにつながっていきます。

毎日手軽に!早寝早起きを助ける食べ物、飲み物はこれだ

食べ物は、比較的取り入れやすく、継続しやすいので、少しづつでも継続して続けるようにしたいですね。

ビタミンBは意識的に摂取

ビタミンBは、疲労回復に効果があります。
しっかりと疲れを取ることで、目覚めも快適になります。また、自律神経を整える効果もあります。健康な体を作るために、必要な栄養素の代謝や促進を活発化してくれます。

レバー・豚肉・ナッツ類・納豆・バナナなど、ビタミンBが多く含まれている食品を意識的に摂取しましょう。

夜のカフェイン摂取は控える

カフェインには、覚醒効果があります。
紅茶・コーヒー・玉露などのお茶・チョコレートなどは、カフェインが多く含まれているので、夜に摂取しないようにしましょう。

快適な睡眠の妨げになります。

眠る前にはホットミルクやココアを☆

牛乳は、セロトニンの分泌を促すトリプトファンが含まれています。体を温めるため、ホットにして少し砂糖を入れて飲むと効果的です。

また、ココアには、リラックスさせる効果があるので、ココアもおすすめです。

キウイに意外な効果あり!

キウイには、睡眠導入を助ける効果があります。リラックス効果があるセロトニンも含まれているので、夜に食べると効果的です。

まとめ

少し気にすれば、すぐに実践できそうなことも多いですね!
明日から早速チャレンジしてみましょう。