夫婦喧嘩になる原因と手遅れにならないための方法。

生活

夫婦に喧嘩はつきものです。

夫婦といっても、元々違う家で育ってきた他人ですから仕方ありません。喧嘩をしても、意見を言って理解し合って仲直りできれば結果オーライです。とはいっても、疲れるし雰囲気も悪くなるし、なるべく喧嘩はしたくないものです…。

喧嘩の原因、パターン化していませんか?
いつも同じことで喧嘩になりませんか?
そして、世間の夫婦喧嘩に多い原因、気になりませんか?

まとめてみましたので、参考程度に見てみてくださいね。

給料や生活費などの金銭的なこと

給料や生活費が少ないと、生活も苦しくなり気持ち的にも余裕がなくなります。

[食べたいものが食べられない][欲しいものが買えない][行きたいところに行けない]など、欲求が満たされないと不満が溜まり、喧嘩につながります。
度を超えるゲームの課金や度重なる飲み会なんかも喧嘩の一因ですね。

給料が少ないのは今すぐにupということは見込めないので、早いうちに転職や副業を考えてみましょう。

また、専業主婦の奥さんはパートに出るのもいいかもしれません。収入も増えますし、ストレス発散にもなりますよ。

家事や育児のこと

育児のことは、小さいお子さんがいる家庭は特にぶつかる事ですよね。

私も、「家にいる時くらい、子供とあそんでよ!」、「ゲームしている暇があるなら、おむつ替えてよ!」と旦那さんに何回言ったか分かりません(笑)
頭ごなしに言うとお互いに嫌な気分になってしまうので、一回深呼吸をして言い方を変えてみましょう。

理想は子供が生まれてすぐから、協力して育児をするという体制をつくることです。育児をひとりでするのは負担が大きすぎるので、これは本当に大事なことです。

家事も同じですよね。
掃除洗濯ご飯作り食器洗いなど、やらなくてはいけないことが山ほどあります。

少しでも手伝ってくれると助かるのになぁ……と思いませんか?
「今日疲れちゃったから、夕飯後の食器洗いお願いできる?」と素直にお願いしちゃいましょう。そして、大袈裟なくらいに「ありがとう!!とても助かっちゃった!」と感謝の気持ちを伝えるのを忘れずに。

感謝されて嫌な人はいません。爆発する前に頼めることはお願いして、負担を軽くしましょう。

生活習慣に関すること

[朝起きない][リビングで寝てしまう][脱いだら脱ぎっぱなし][元の場所に戻さない]など、あげたらキリがありません。こどもじゃないんだから!とイライラしてしまうこともしばしば……。

直して欲しいけどなかなか難しいですよね。根気よく言い続けても直らなかったら諦めましょう。イライラするだけ無駄になってしまいます。すっぱり諦めたらスッキリするかもしれませんよ。

自己中心的な行動のこと

相手のことを考えない自己中心的な考えや行動は相手に不満を与えますね。

例えば、仕事や趣味で帰りが遅くなるのに連絡を入れないとします。ご飯を作って待っていたり寝ずに待っていたのに連絡一本入れてよ!!と不満の原因になります。

言わなくてもわかっているだろう。してもらって当然。なんて考えはダメです。

義家族のこと

結婚前までは家族でも、結婚したら別の世帯です。
ご両親や兄弟を大事にするのはもちろん良い事なのですが、お互いに今の自分の家族を一番大事にしてください。

まとめ

夫婦喧嘩は些細なことが始まりだったりします。

普段から会話をするなどコミュニケーションを大切にすると夫婦円満でいられます。会話が少ないと嫌なところばかり目について不満となり、爆発してしまいます。

そして、日頃からお互いに思いやりと感謝の気持ちを持ちましょう。「ありがとう」は魔法の言葉です。小さいことでもありがとうと言葉にして伝えましょう。

喧嘩が原因で取り返しのつかないことになる前に、できることから変わっていけるように心掛けましょう。