新年の挨拶はいつまでするべき?常識知らないって思われたくない!

行事・イベント

あけましておめでとうございます。
年が明けるとあちこちで交わされる挨拶ですね。

でも、このあけましておめでとうっていつまですればいいんだろうって悩んじゃうことありませんか。
早くに新年のあいさつをやめてしまって、失礼な奴だといわれても嫌ですしか、といって遅くまでしていて「まだあけましておめでとう?」って思われるのも嫌ですよね。

新年のあいさつについて、一緒にお勉強しましょう。

お正月の新年の挨拶の意味とは?

そもそも「あけましておめでとう」とはどういった意味合いで使われるのでしょうか。

これは新しい年があけて、歳神様を迎えておめでたいという意味があります。

歳神様とは、一年の初めにきてその年の作物が豊作になるように、そして家族みんなが元気で過ごせることを約束してくれる神様なんです。

歳神様をお迎えする言葉であると同時にこの「めでたい」というのは「芽出度い」と書き、新しい春を迎え芽吹くという意味もあるんですよ。

「あけましておめでとう」というあいさつは、無事に年を越して歳神様をお迎えする祝福の言葉で、それを人々の間で交わすことによって喜びを分かち合うという意味があるんです。

あまり深く考えたことがなかったけれど、素敵な意味があるんですね。

新年の挨拶をするのは7日まで!

ではこの挨拶はいつまですればいいんでしょうか。

まず正月というのはいつのことなのというところからお話すると、1月1日から3日。いわゆる三が日ですね。これを正月だという人、松の内が終わるまでが正月だという人、地域によりさまざまです。

松の内はいつまでかというと、これも関東と関西で違っていて、関東は1月7日まで、関西は1月15日までとなっているんですね。

では、新年のあいさつはいつまですればいいのでしょうか。

松の内の間は新年のあいさつをするものなのですが、すでにご紹介したように地域によって松の内の明ける日が違うんですよね。だったらどうしたらいいのかというお話なのですけど。

全国的に年賀状は1月7日までに到着するように出すのが一般的ですので、挨拶もそれにあわせて7日までなら関東の方にも関西の方にも失礼にはあたらないですね。

 

では、ケース別にもう少しご説明しますね。

ビジネスでのあいさつ

会社勤めの場合は、初出の週は新年のあいさつをしたほうがいいでしょうね。

ただ、他部署の人など、7日までに会わない人もいますよね。またカレンダーの曜日の関係もありますので、厳密に7日にこだわらなくても大丈夫ですが、そういう場合でも、15日までなら新年のあいさつをすれば「あ、この人丁寧な人だな」と好印象を与えられますよ。

16日をすぎてもまだ新年のあいさつをしていたら、「この人いつまで正月気分でいるんだろう」って思われかねないので、注意しましょうね。

親戚へのあいさつ

親戚へのあいさつも、ビジネス同様15日までなら新年のあいさつをすれば丁寧でよいですね。

義理の両親へのあいさつ

もしあなたが結婚しているのなら、義理の両親へのあいさつはスピーディかつ丁寧にを心がければよいでしょう。

地域によって松の内が違うのはすでにご説明しましたのでそれに影響されない三が日のうちに顔を出し、新年のあいさつをするようにすれば問題なしですね。

まとめ

いかがでしたか?

新年のあいさつには歳神様をむかえておめでたいという意味があり、あいさつを交わすことによって、みんなで幸せを分かち合おうという素敵な意味があったなんて知りませんでした。

新年のあいさつをいつまですればいいんだろうかというもやもやも解消して、気持ちよくあいさつができますね。

ぜひ参考にしてください。