DIY初心者にもできる、トイレを可愛くする方法。不器用でも賃貸でも大丈夫

生活

「私の家のトイレってなんだかシンプルで味気ない…初心者でも簡単に可愛くアレンジできないかな~」と悩んでいるあなた。トイレって毎日使うし、せっかくなら気分が晴れやかになるような、可愛いトイレを使いたいですよね。

「でも面倒なことはしたくないし、やったことがないからわからない…」
そんなあなたにおすすめの初心者でもできる、簡単なトイレのDIYをご紹介していきます。

「私の家は賃貸だけど大丈夫かな?」という方でも大丈夫な方法をご紹介するので、ぜひ参考になさってくださいね。

壁と床を変えることでトイレが大変身!

壁と床がシンプルで可愛くない…悩みですよね。実は簡単にあるものを使って壁と床を変身させることができるんです。

はがせる壁紙を貼る


はがせる壁紙をご存知ですか?その名の通り、貼った後でもはがせる壁紙です。

この壁紙飽きちゃったな~とか、賃貸だからはがせないのは困る…という人でも安心できる素材を使って、レンガ調や木目調の壁紙シートを買って貼るとナチュラルで可愛い印象が持てます。

安いものでも壁紙シートはあります。100均にもリメイクシートと言って可愛くて簡単に貼れる壁紙が売っています。筆者も昔DIYに挑戦して、100均のリメイクシートを壁に貼ったことがあります。

しかし、素材によっては元の壁紙がはがれてしまったり、うまくくっつかなかったりしてしまうことがありました…。木や柔らかい壁紙に貼ったら、はがすときに一緒にぺりぺりとはがれてしまい、結果見た目が悪くなってしまったのです…。

なので、トイレの壁紙の材質によっては100均のリメイクシートは合わないことがあるので、使用する場合は注意してください。

賃貸に住んでいるというあなたには、はがせると書いてある壁紙を選ぶことをおすすめします。

床はクッションフロアを使おう

床をアレンジする際は、クッションフロアを使いましょう。クッションフロアとは、ひくだけで簡単にフロアの模様を変えられるシートです。

トイレにクッションフロアをひくやり方をご紹介します。

1.新聞紙やチラシでトイレの床の型紙を作る

2.型にそって少し余分を持たせてクッションフロアを切る

3.切ったクッションフロアをトイレの床に敷き、細かいところを調整すれば完成

初心者でも簡単にすることができるので安心です。なにより、ノリをつかって貼りつけるわけではないので、クッションフロアを変えたい場合も簡単にできますよ。

トイレに小物を置いて可愛くアレンジ

トイレに棚を作ってみたいけど、棚を作るのは難しいですよね。DIY経験がないとどうやって棚を作ったらいいかの手順もわからないし、不器用だから難しいと感じる人もいるでしょう。

賃貸だから穴があけられない、という人でも簡単にできる棚の作り方をご紹介します。

突っ張り棒を使って棚を作る

トイレの壁と壁の間に突っ張り棒をつけて、その上に板や布をひいて棚にすることができます。突っ張り棒は取り外し簡単で穴をあけることもないので安心で簡単ですよ。

植物を置いてみる

棚ができたら、今度は小物を置いてみましょう。100均に売っているような観葉植物がおすすめです。トイレの中にグリーンを取り入れることで、ぱっと華やかな印象になります。

ナチュラル系のトイレにおすすめです。

100均にはシック系だったりレトロ系だったりと、様々なジャンルの雑貨がそろっています。もう一アレンジしたい、というあなたは100均に行ってみてはいかがでしょうか。

仕上げにウォールステッカーを貼る


ウォールステッカーとは、壁紙に貼れるシールのことです。新しく貼った壁紙の上からウォールステッカーを貼ることで個性豊かなトイレにすることができますよ。ウォールステッカーは100均にも売っています。

自然なナチュラル系だったり、アリス柄だったりと、種類が豊富なのでぜひあなたがアレンジしたいウォールステッカーを貼ってみてはいかがでしょうか。

これも注意点として、壁紙の質によってははがす際に一緒に壁紙ごとはがれてしまうものもあります。筆者は柔らかめの壁紙に貼ったら、ウォールステッカーを剥がすときに結構壁紙がはがれてしまいました…。

壁紙とステッカーの相性が不安であれば、はがせると書いてあるウォールステッカーを購入することをおすすめします。

まとめ

今までご紹介したものはどれも初心者にできるものばかりです。不器用な私でも壁紙を張り替えることができたのでおすすめですよ。ぜひこの際にトイレを可愛くDIYしてみませんか。