ストレス発散に効く食べ物ベスト5。いつものアレは逆効果

生活

頭を使うことをしたら、ものすごく糖分が欲しくなったり、ストレスが溜まると暴飲暴食に走ってしまったりすることはよくありますよね。

実は食べ物のなかには、ストレス発散に効果があるものや、逆に食べることで余計にストレスを溜め込んでしまうものもある…ということをご存知でしたか?

今回は、ストレス発散に効果がある食べ物や飲み物は何なのか、逆に避けた方が良いのはどんな食べ物なのかをご紹介します。

食べてリラックス!ストレス発散に最適な食べ物、飲み物

グレープフルーツ

ビタミンCが多く含まれています。

ストレスを感じると分泌される成分(コルチゾール)は、ビタミンCを消費します。たくさんストレスを感じると、ビタミンC不足になりやすいので、ビタミンCを意識して摂取するようにしましょう。

ビタミンCは、グレープフルーツの他にも、キウイフルーツやオレンジにも多く含まれています。絞ってジュースにして摂取しても良いですね。

豚肉

疲労回復の効果があるビタミンB1がたくさん含まれています。

他にも神経伝達物質を作る栄養素が含まれているので、神経の働きが保たれ、ストレス解消に有効な食品です。頭や神経を多く使う人は、ビタミンB1を多く消費しますので、意識して摂取するように心がけましょう。

豚肉の場合、調理した時にビタミンB1が減るので、多めに摂らなくてはいけません。例えばスープなどにすると、他の調理に比べて、比較的多めに摂取できます。

カツオ

カツオに含まれるアンセリンという栄養素は、疲労しにくい効果があります。

疲労回復の効果があるビタミンB1や、神経を正常に保つ効果があるビタミンB12も含まれているので、ストレス改善に有効な食品です。

バナナ

バナナには疲労回復効果などの効果が含まれているビタミンB群や、神経の興奮を抑える効果があるマグネシウムが含まれています。

低カロリーなのに栄養価が高く、食物繊維も多く含まれているので、ダイエットをしている人にもおすすめです。カルシウムが比較的多く含まれて牛乳と混ぜて、バナナジュースにして飲むのもおすすめです。

ヨーグルト

ヨーグルトにはカルシウムが多く含まれています。

カルシウムは濃度が高いと神経が興奮しにくくなるので、ストレスの改善や予防に効果があります。カルシウムは一度に吸収できる量が限られているので、毎日摂取するのが理想です。

ヨーグルトほどではないですが、牛乳にも多く含まれていますので、牛乳もおすすめです。

 

こうしてみると、身体に良い、健康に良いといわれているものが多いですね。
ビタミンやカルシウムは、不足しがちなので、意識して摂取するように気をつけたいところです。

甘いものを食べると疲労回復すると思いがちですが、決してそうではありません。逆に、食生活が乱れることで、余計にストレスを与える結果につながります。

興奮を助長する?ストレスのある時に避けるべき食べ物、飲み物

では逆に、ストレスにとって良くない食べ物や飲み物とはどんなものでしょうか。

インスタントラーメン

残業や夜食の定番のインスタントラーメンですが、塩分や脂質が多いのが問題です。栄養が偏るとストレスの原因になります。
脂質は摂りすぎると肥満になりやすいので、食べ過ぎないように注意しましょう。

スナック菓子

スナック菓子には、脂質が多く含まれています。
インスタントラーメンと同じく、脂質の過剰摂取は肥満を招きやすくなります。

コーヒー

コーヒーには、カフェインが多く含まれています。カフェインは摂りすぎると、興奮しやすくなります。

お茶などもそうですが、カフェインが多く含まれているものを口にすると、夜に眠れない人もいます。そういう人は、睡眠不足になってしまい、それがストレスへとつながります。

どの食べ物もそうですが、栄養が偏ると、イライラしやすくなり、それがストレスへとつながることになります。

ストレスを感じないようにするには、栄養が偏らないようにすることが大切になってきます。

まとめ

ストレスを解消するためは、一時的に甘いお菓子を食べるより、毎日の食習慣を改善し、偏った食事をしないことが一番の近道になります。

そのうえで、ストレスを感じたときには、スナック菓子やインスタント食品ではなく、ビタミンやカルシウムなどが多く含まれる食品を摂るのが効果的です。