乾燥でかゆみが体にある人必見!その原因や対処の仕方は?

からだ

寒くなってきて、肌が乾燥する季節になりましたね。

どうして乾燥するとかゆくなるのか、気になったことはありませんか?乾燥肌だと、少し保湿したくらいじゃ全然効果がなくて、かゆくて辛いんですよね~。

この記事では乾燥肌で皮膚にかゆみがあるあなたに、その原因や対処方法をご紹介します!ぜひ、乾燥のかゆみとおさらばできるよう、参考にしてくださいね。

乾燥のかゆみの原因は一体何?なる人とならない人の違いとは?

乾燥肌や敏感肌の人やアレルギー体質の人は、皮膚のかゆみを感じやすいと言われています。

皆さんはご存じですか?かゆみって、実は痛覚の一種なんです。かゆみは痛みのごくごく弱いものとして、位置づけられているのんです。

かゆみを感じて皮膚をかくと、かいた部分の角質層が破壊されるので、刺激を感じやすくなります。刺激を感じて、また皮膚をかくと、その刺激が末端神経に伝わって、かゆみ物質のヒスタミンを放出する細胞を刺激することになります。

そのせいでまたかゆみを感じることになるので、一度皮膚をかいてしまうと、かゆみはどんどんと増すばかりで、治まることはありません。

乾燥のかゆみの原因

健康な皮膚の場合、肌を守るバリア機能が正常に機能しているので、外から刺激されてもかゆみは感じません。

ところが、乾燥肌や敏感肌の人は、皮膚の表面の水分や油分が失われて、バリア機能が低下しているため、外から刺激を受けると肌の中まで刺激が入ってくるのを防ぐことができません。そのため、ちょっとした刺激でも反応し、かゆみを感じるのです。

私は、アレルギー体質でしかも乾燥肌なのですが、ひどい時は髪の毛がほっぺたにサササッと触れただけでも、かゆくてかゆくて…もう辛くてたまらないので、髪の毛は全部まとめることにしています。

また、加齢による老化が原因になっている場合もあります。

年齢を重ねるたびに、皮膚は薄くなって、保湿機能やバリア機能が低下していきます。更に更年期以降は女性ホルモンのバランスの関係で、皮膚が乾燥しやすくなります。

今は若いから大丈夫と思っていても、これからどんどん老化に向かっていくことになりますから、今から意識してケアしておくことが大切です。

乾燥でかゆみが出ないようにする対処法で効果的なのは?

かゆみが出てしまうとすでに遅し!かゆみが出ないように、日常生活を意識して、対策してみましょう。

乾燥しないように、部屋を加湿しましょう。

暖房をつけると、どうしても乾燥しやすくなるので、加湿はしっかりと。

私は、冬の間は暖房の前に洗濯物を干すようにしています。洗濯物が早く乾きますし、加湿効果もあるので、一石二鳥ですよ!

スキンケアは保湿タイプでしっかりと水分を補いましょう。

お風呂上りは、ボディークリームなどでの全身の保湿も忘れずに。できるだけ肌を刺激しないようにした方が良いので、タオルでゴシゴシするのは控えましょう。

食べ物で体質改善してみましょう。

免疫力を高めて、体の内部から改善してみるのも、ひとつの方法です。

例えば、ビタミンCは、免疫力を高める効果があります。また、体内でコラーゲンを作るのに必要な栄養素でもあるので、意識して摂取したいですね。ビタミンCは、加熱すると効果がなくなるので、野菜サラダやフルーツなどから摂取しましょう。

納豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンの不足分を補ってくれます。女性ホルモンが活発になると肌効果も期待できます。肌荒れを防ぐ効果があるビタミンB2なども含まれているので、毎日1パック摂取をしたいですね。

まとめ

乾燥肌は、加湿・保湿を意識して対策をたてましょう。

一度乾燥した肌を修復するのは大変です。できれば寒くなる前から、肌を保湿する習慣をつけておきたいですね。