スノボ初心者がまず準備するものって?失敗しない持ち物リスト

おでかけ

少しずつ季節が移り変わってきましたね。夏が過ぎ、秋が来てついに冬ですよ!

今年は何かやりたい?ボードをやってみようかな?なんて考えているあなた!まずは、必ず必要なもの、あると便利なものを紹介していきますね。

カッコよく滑る前に基本的なものをきちんと理解して、寒くて滑れないーなんてないようにしていきましょうね!楽しくスノボができるようにお手伝いさせてくださいね!

スノボに必要な道具って何?服装は何を着ていけばいい?

スノボって何が必要なの?
なんとなくはイメージつくし、動画をみてもこれかな?と少しはわかると思いますがきちんと理解できるように詳しく書き出してみますね。

道具一覧

  • ボードの板
  • ブーツ
  • ビンディング
  • 手袋
  • ゴーグル
  • 帽子
  • ウエア
  • ネックウォーマー

この8つが基本的な道具、必要なものになりますね。これがあれば普通にボードが楽しむことができます。

板は雪の上を滑るために一番大切な道具ですね!板がないとボードが始まりません。

そして、ブーツも大切ですよ。ブーツはきちんと自分の足に合ったものを選びましょう。

サイズが合っていないと長く滑ることが難しくなります。小さいとつま先がぶつかっていたいし。大きいと変に力が加わってつってしまったり板をコントロールするのが難しくなります。

ビンディング?!なにそれ。というあなた。ビンディングは板に付いているブーツと板を固定させてくれる道具のことです!

初心者の方は傷が付いてしまったりするのでこの3つはスポーツ店でセットで販売しているもので十分ですよ。

手袋・ゴーグル・帽子・ウエア・ネックウォーマーはこの先ずっと使い続けられるので自分に合った素敵なものを選びましょう。

服装は?

ウエアを着るのはわかるけど、他は?
そうですね、ウエアの中がとっても重要なんです!

寒いのは嫌ですもんね。体が冷えないように。厚着をしすぎてもかえって動きづらくなってしまいますよ。なのでウエアの中はヒートテックにするとよいでしょう。薄いのにあったかくてとっても便利ですよ。

そして、上だけでなく下もヒートテックのものをはきましょう、そしておススメなのがパッドが付いている物をはくこと!

お尻から転んだ時でもパッド付きのものだと痛みが少なくすみます。

そして靴下。靴下は、できれば厚手の物を。それがなければ靴下を2枚履きするのでもよいでしょう。なるべく厚く暖かくしましょうね。足先が冷えると体力も減り段々うまく動けなくなってしまいますから。

もしものとき、あると便利なアイテム6選

これで基本の準備はできましたよ。ここからはもしもの時、これがあって便利だったものをご紹介しますね!

ほっかいろ

冷え症の女性なんかはいくら暖かくしても寒いものは寒いんですよね。そんな時内側のポケットにほっかいろをしのばせておくと休憩時すぐに温められます。

パスケース

1日券などをしまっておけるのでいちいち手袋をとってポケットから…なんてめんどくさい手間がはぶけますよ。

チョコレート

もしも遭難…ケガ…なんて不安もありますよね。そんな時少しでも体力回復のためにポケットに1つでも持ち歩くと安心できます。

スマホ防水ケース

雪山ではスマホが濡れてしまう、なんてこともしょっちゅうです。なので防水機能がないスマホはケースを持っていくといいですね。

防水スプレー

お尻やひざは非常に濡れやすいので滑る前に防水スプレーをすることをお勧めします。新しいウエアであれば浸透してくることは少ないとは思いますが、使っていくうちに少しずつ浸透してきますよ。そうなる前に防水スプレーで対処しときましょう!

曇り止めスプレー

吹雪いているときはゴーグルは必ずつけたいもの。そんな時にいざ付けようとしたらゴーグルが曇ってて余計見えない。なんて失敗したくないですよね。そのためにも念には念をいれてゴーグルに曇り止めスプレーをしておきましょう。ぜんぜん違いますよ!

まとめ

今から楽しみですね。準備をきちんと済ませて、忘れ物がないようにしてくださいね。徐々に上達してくると楽しくて仕方なくなりますよ。忘れ物で気分を落とさないように、確認をして、いざボードへ!

少しでも参考になれれば嬉しいです。ボードシーズン存分に楽しんできて下さい!