子供の寝かしつけいつまで続くの!?1人で寝かすタイミングは?

子供・育児

子供の寝顔ってたまらなくかわいいですよね。
たまににこっと笑ったりして、どんな夢を見ているのかな?ほほえましい光景ですよね。

子供が寝た後はママの時間。たまっている家事を片付けてちょっと一息。ご褒美スイーツを食べちゃおうかな。そんな夜活したいですよね。

でもママが傍にいないと子供がなかなか寝てくれない。絵本を何回も読んでママも疲れて寝ちゃった。なんてことありませんか?「おやすみなさい」と子供が1人で寝てくれると本当に助かりますよね。

この記事では子供が1人で寝ることができるように促す方法を紹介します。

ぜひ参考になさってくださいね。

子供の寝かしつけが必要な理由

家族は仲良く川の字になって寝る。小さい子供をもつ家庭ではこのスタイルが理想というか、当たり前なイメージをお持ちじゃありませんか?

確かに、寄り添って寝ることで親子の愛情は深まりますし、実際、3歳~4歳までの子供にとって、そういう濃密な親子の時間は自分が愛されていると感じるとても大切な時間です。日中、働いているママにとっても、スキンシップがとれる貴重な時間だったりします。

でも、必ずしも寝かしつけが必要なわけではないんです。

欧米の映画などでママが赤ちゃんをベビーベッドに下ろしておやすみのキスをして部屋から出ていくシーンを見たことはありませんか?親子が別々の部屋で寝る。欧米では赤ちゃんの頃からそれが普通なんですね。

赤ちゃんの頃から1人で寝かしたためにその赤ちゃんが成長して問題が生じるのなら欧米のこのスタイルは定着しないはずです。なので1人寝はいつから始めても大丈夫。子供が小学校に上がったら、子供部屋ができたら…などあなたが決めたタイミングで始めていいんです。

それでは、次に子供が1人で寝つくことができるように、3つの方法を紹介しますね。試してみてください。

子供を1人で寝かせてみる3つの方法

子供部屋(または子供だけのスペース)を作る

子供の頃、自分の部屋ができたときって嬉しくなかったですか?ちょっと大人になったようなくすぐったい気持ちになって…。きっとあなたの子供もそうだと思います。

子供が好きな物でいっぱいのお部屋にコーディネートしてあげて、「素敵なお部屋ができたわね。今日からここで寝てみない?」と誘ってみてはどうですか。

女の子だったらお城風、男の子だったら秘密基地風にしてみたら喜んで寝てくれるかもしれませんね。

お気に入りのタオルやぬいぐるみと一緒に寝かしてみる

ふんわりと柔らかいタオルやいつも遊んでいるぬいぐるみを抱きしめることで子供は安心感を持つことができます。私の子供もお気に入りのネコのぬいぐるみを毎晩抱いて寝ています。安心するんでしょうね。

赤ちゃんの頃からそういうぬいぐるみを持たせておくとスムーズに寝つけるようになりますよ。

きょうだいで寝かせてみる

きょうだいのいるご家庭だったら子供どうしで寝かせてみるのもいいですよ。同じベッドでも別々のベッドでもいいんです。夜、親のいないところでひそひそ話をして…。

きょうだいになら打ち明けられる悩みや秘密を語り合うことできょうだいの仲も深まっていきます。

でも焦りは禁物。あくまで子供のペースで

子供にとって夜の暗がりは大人が思っている以上に怖いものです。「人形やぬいぐるみの目が光って見える」、「変な音がした」。私の子供もよくそんなことを言います。一度思い込んじゃうと頭から離れなくなるんでしょうね。

せっかく「おやすみ」と言って部屋に行ったのに「眠れない」と戻ってきてしまう。子育ては、昨日までできていたことがふいに今日できなくなる。そんなことの繰り返しですよね。

子供の話をよく聞いてあげて、お部屋に連れていった後は「人形の目は光ってないよ」など、子供の不安を丁寧に取り除いてあげましょう。

お部屋を真っ暗にすると怖いものです。豆電球の明かりはつけておいたり、ドアを開けておくなど少し明かりが入るように工夫すると子供は安心して寝つけます。

まとめ

いかがでしたか。
子供が1人で寝るようになると自立に向かって1歩前進ですね。ママも自分の時間が持てて、いいことずくめですよね。ご家庭の状況や子供に合った無理のない方法を見つけてくださいね。

子供が1人で寝ることができるように応援しています。