赤ちゃん連れ旅行の持ち物リストと100均便利グッズ。新幹線の裏ワザも。

おでかけ

子供が生まれるとしばらくはどこにも出かけられない…。
そう嘆かれているパパやママは多いのではないでしょうか。

そんなことありませんよ。
確かに、新生児の頃は心配ですよね。でも1か月検診で問題なければ新幹線に乗ることもできますよ。

旅行ではないですが、私は里帰り出産をしたので2か月のとき新幹線に乗って実家から戻ってきました。移動時間4時間の長旅でした。大丈夫でしたよ。

その裏技(?)は、ご存知の方も多いと思いますが、新幹線は16両編成なら11号車のデッキが広くなっていてそこに多目的室があるんです。基本はお身体の不自由な方のための部屋ですが、利用がなければ授乳室に使えます。予約なしで大丈夫ですよ。車掌さんに声をかけてみてください。

また、11号車辺りの指定席を取れば赤ちゃん連れのご家族が多いので、うちの子が泣いちゃったって時もそんなに険悪なムードにならないですよ。(でもやっぱり周囲に迷惑をかけるのでデッキに連れて行きましょうね。)

このように旅行先で利用する施設の設備やサービスを予め調べておくと子連れ・赤ちゃん連れの旅行でもこわくありません!

最近は赤ちゃん連れ歓迎のホテルも多くなりましたし、思い切って外に出てみてはどうでしょうか。

きっといい思い出ができますよ。

持ち物リストでバッチリ準備!快適な旅行にするには?

さあ、旅行に行く準備をしましょう。
まずはこれだけは必要というものです。

おむつ

うんちが立て続けに!?なんてことも。多めに用意しましょう。1日10枚はあった方がいいですよ。

おしりふき

手拭きにも使えてウェットティッシュいらずです。

バスタオル

防寒やおむつ替えシート代わりにもなりますよ。

授乳ケープ

授乳室が見当たらないことも。あると安心です。

ミルク

旅先はキューブタイプが便利ですよ。

哺乳瓶

いつもの哺乳瓶と乳首がいいですよ。

哺乳瓶洗い用ブラシ

しっかり洗えた方がいいですよね。

お湯と湯冷まし

調乳にお湯と湯冷ましを入れると冷やす必要なくすぐに人肌になりますよ。

離乳食

温め不要の物だとすぐ食べさせられますよ。

スプーンとフォーク

いつもの使い慣れた物がいいですよ。

食事用エプロン

使い捨てがいいですよ。

蓋つきストローマグ

こぼさず飲み物を持ち運びできて便利です。

おやつ

子供は大喜び!

お絵描きセット

移動時間の暇つぶしに。

着替え

1日分多めに持っていくと安心です。

帽子

夏は日よけ、冬は防寒に必要ですよ。

パジャマ

ホテルに用意されていても子供には着慣れたパジャマがいいですよ。

歯ブラシ

使い慣れた物がいいですよ。

ガーゼハンカチ

汗拭き、口周りを拭くなど色々使えます。

おねしょシート

必要なお子さんは用意しましょう。

ベビーカー・抱っこ紐

移動に必要ですよね。

健康保険証

急に具合が悪くなったとき必要です。

ざっと並べてみました。お子さんの必要に応じて取捨選択してくださいね。

100均で手に入る、旅行に便利なお助けグッズとは?

最近の百均はおしゃれな物も増えてきましたね。
ここでは旅行に持っていくと便利な物を厳選して紹介しますね。

圧縮袋

脱いだ衣類は圧縮袋でコンパクトに。旅行カバンのスペースが空くので予定外のお土産を買う余裕が生まれますよ。

クリアケース

チャック付きなので化粧品やコンタクトケア用品の液漏れ防止になりますよ。また水着を入れてもいいですね。クリアなので中身がわかって便利ですよ。

巾着タイプのプラスチックバッグ

中が見えない色柄付きだと、ホテルで大浴場に行くとき着替えを入れて持ち運べるので安心です。

ベビーカー用保冷剤シートケース

保冷剤を中に入れて使うタイプです。気温の高い日はベビーカーに乗せていると子供の背中の汗がすごいですよね。熱中症対策になりますよ。

塗り絵・折り紙・シールブックなど

移動時間で子供の退屈しのぎに重宝しますよ。子供は意外と折り紙に夢中になりますよ。パパやママが折り方を予習しておくと家族で楽しめます。

まとめ

いかがでしたか?どうしても子連れは荷物が増えますよね。
使い捨てできる物は使い捨てを、コンビニで手に入る物は現地調達を…と工夫して少しでも身軽になってくださいね。

よい旅を…!!